2018/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
「余韻を大事に」
「お花見ライブ」まで後2週間ほど

演奏参加される皆さんは練習に励んでおられるようです

で、最近皆さんの演奏で気になる事は

みなさん弾き終わった瞬間に

「はい、終わり~」チャンチャン

みたいな感じで


本来なら、まだ音を残す場合でも

「はよ、終わってホッとしたい~」感が出まくっていて

「余韻」がない事です。


まあ、私もどっちか言うたら性格が「バタバタ」なだけに。(酉年やからでしょうか...)

仕事でも「はい次の曲~」て

余韻もへったくれもなく
弾き始める事があったりしますが


演奏を聴い下さる人達にとっては
「余韻」は大事です







テンポの速い曲で「ダッダッ」て終わるにしても。

弾き終わってからの数秒はすぐに椅子から離れず
観客の人と共に「余韻」を感じれば最高です


ゆっくりの曲は「余韻」がさらに必要

伸ばす音はしっかり伸ばしましょう


「あ~弾き終えた~」感を
安堵の気持ちでゆったりすれば

余韻もうまく残せると思います

練習の時から「余韻」を意識してみて下さいね~






 
「昨日のビーツ」
昨日の新阪急ホテルでの「ビーツ」

演奏前にドレスに着替えて

靴を履いたら...

あれ?
なんか変

ひょっとして......

ヒェッ~

ヒールの高さが違う~






そうや
同種類、同色のパンプスでヒールの高さが5センチと7センチがあったんやった


アバウトな性格の私やから
靴箱に適当に入れてたからな~

あれ?
なんかさらに履きこごちが違う

ドヒエッ~

思い出した
7センチヒールの方がワンサイズ小さいやつやった~



えっ~

しゃーない。
店に入ったら、なんとかごまかしながら歩くぞ

ほんに、2センチヒールが違うだけで
全く普通には歩けません

高い方の靴を軸がわりにして歩く感じでございます

すれ違うお客様には、足元見られんように
笑顔を振りまくのでございます

ピアノに座っても違和感が...

心の中で
「え~い気合いじゃ
靴ごときでフニャフニャ言うてられへんぞ

この変な違和感が鍵盤からどんな音色奏でるか

こうなったら楽しんだろやないか~

と逆にはりきって演奏しておりました

なんとか4ステージ無事に終えて..


「あっ~ほんに腰も足もしんどいし
バッドデーやったわ。
帰ったら速攻ビールでスッキリするぞ」とヒコヒコ歩いてたら...


お店のマネージャーから

「ビーツのピアノ
また一年更新お願いします」と..

えっ
3月で終わりのつもりやったけど.....

「ありがとうございます
また一年頑張りま~す」となりました。


悪い事とええ事が重なった

昨日の「ビーツ」でございました









 
「お花見ライブ準備開始」
お花見ライブに向けて

「桜の飾りつけ」も少しずつ始めてます





そして、当日のプログラムも完成しました






週明けから

お渡ししますね~(*´꒳`*)













 
「比べなるなら一瞬で」
秋に入会してバイエルから始めている I さん

保育士の試験を受ける為に

めーいっぱい練習して

5ヶ月でバイエル70番まで終了したのですが...


「よく、頑張られてますね


「いえ、先生
ユーチューブでバイエルを弾いている子が6歳くらいで
子供がこんなに弾けるのに..
ちゃんと弾けない自分が情けなく思います



「ヒェッ~
そんな事決して思わないで下さい
まず、他人と比べる事はやめましょう
特に子供達と比べるのは







人と比べたくなる気持ちはよ~くわかります

ましてや同じ事を子供達がいとも簡単にしている風景を見ると..

「あ~私も子供の時からしてたら良かった」などと

後悔の思いがでたりして...


そう思うのは仕方ないかもしれません。
逆に「比べない」と言うのは難しい気もします


どうしても比べてしまう時は...


一瞬そう思ったら
一瞬で頭を切り替えましょう~

どう思うかと言うと

「比べるのは他人でなく
ピアノを弾く前の自分




音符が読めなかったのに..少しわかるようになった


なんとか小曲でも弾けるようになってきた


ピアノを弾く事で生活にハリが出てきた


などなど..


ご自身を比べる事で

「お~
自分もなんとかボチボチでも頑張ってきてんな~」と感じる事が出来るし


それが自分への自信にもつながります


これは発表会やライブの時にも役立ちます


よく生徒さんが

「みんな上手やのになんか私だけヘタッピんで気が引けます」
て話されます。

でも、その気持ちを一瞬で

「初めてピアノを習って
ライブまで出れるようになって
自分はよく頑張ってきたやん

と切り替えましょう~

そう思う事で他人と比べる事なく
本来の自分の演奏が出来ます


なんで皆さん

比べるなら一瞬だけに しましょうね~(´∀`*)





















 
「たこ焼きマラソン」
大阪万博公園の「たこ焼きマラソン」

3回目の参加は晴天






今年も旦那さんと

昔のボクシング仲間と

3人で走ってきました





友達と同時にゴール





10キロ走ったら「たこ焼き」が食べ放題




今年は17店舗で

年々、店舗数が減っていて

この先どうなるんかな~と思ったり

「イカ焼き」も増やしくれたら嬉しいな~

と勝手に思ったりして


なんやかんやの楽しい大会でございました(*^▽^*)








 
プロフィール

CHIE

Author:CHIE
ピアノ弾き語り:ピアノ奏者
大阪寺田町にて「大人の為のピアノ教室」を運営・指導

小阪カルチャースクールにて「大人の為の楽しいピアノ講座」・「ボクシングトレーニング講座」の講師を務める

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-