2017/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
「無音の楽譜」
近代音楽のアメリカの作曲家「ジョン ケージ」




彼の曲でチョー有名なのが「4分33秒」





この楽譜は....



休符しかありません。

彼が考える「偶然性の音楽」による無音の演奏です。


でも、三楽章まであります。

オーケストラが演奏する時は「指揮者」は指揮台に登り

演奏者もステージにでて演奏の姿勢をとりますが

4:33秒の間、演奏する事なく曲は終わって聴衆に一礼し

聴衆も拍手します

ほんに、コントみたいですが
立派な曲となってます。

無音である事により「聴衆のざわめき」や色々な雑音が

「音楽」であると考えて作曲されています。

なので演奏者の感覚での演奏となります。

演奏されるのはピアノが多く

初演の時はピアニストの演奏だったようで

ピアノの前に座っていた時間が
たまたま「4:33秒」だったので

この題名がついたようです

なんで演奏者によって「演奏時間」も変わります。


音大の頃、「現代音楽」を教えて下さった教授のコンサートを聴きに行った事があります

でも、難しすぎて

理解するのが私にはちょっと無理でしたが...


「無音の音楽」は、なんとなく理解出来る気がします

生きていて聞こえる「音」が全て「音楽」であるのかもしれませんね


なんだか、演奏してみたい気になります。


楽譜があるつもりで
ピアノの前に座ってみようかな~(*^▽^*)




スポンサーサイト
 
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

CHIE

Author:CHIE
ピアノ弾き語り:ピアノ奏者
大阪寺田町にて「大人の為のピアノ教室」を運営・指導

小阪カルチャースクールにて「大人の為の楽しいピアノ講座」・「ボクシングトレーニング講座」の講師を務める

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-