2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
「今年のクリスマス日程」
残暑厳しい中ですが


今年の「クリスマスライブ」の日程が決まりました





12月9日(土曜)です

今年は来年の5周年コンサートもあり
慌ただしくなりそうなので

少し早めになりました。

今回も午後と夜の2回で

お好きな時間を選んで頂けます


詳細は10月下旬になります。




スポンサーサイト
 
「チエコラ:残暑お見舞い」
お盆も過ぎて..

「処暑」や言うのに暑さがおさまりませんな~


大阪は例年より湿度が高い気がして

なんや亜熱帯地方にいるみたいです

ほんに心の底から早く秋が来てほしいと

汗を拭きつつ思うのでございます


ここは画像だけでも初秋の雰囲気を...







この夏皆さんにはお元気で過ごされたら嬉しい限りです。


私は、なんや6月頃から体調が良くなく

憂鬱な日々が続いておりましたが..

やっと元の身体に戻って
ほっとしている今日この頃でごさいます。




「ほんに今年は厄年やからかな~
咳が1カ月続いて...
次に胃炎が1カ月で...
最後に生まれて初めての夏風邪が1ヶ月で...
長い3ヶ月やったわ~


「そやな、まあ今夏は僕もしんどかったりするけど
君はちょっとおかしかったな


「厄年で体調が変わる節目でもあるからかな....
しかし喉痛めた時は歌も歌えんかったから...
仕事もピアノソロだけで迷惑かけたりして..」


「そやな。 でも我が家は良かったな~


「なんでやの?


「静かなんや............
静寂感があるんや.......
平和を感じるんや.....
いつもならニャ~ニャ~叫きながら走り回るネコらも
落ち着いて顔洗ったりして.....」


「........」


「あ~あの静寂をもう一度~


「なんでまた喉痛めなあかんねん



「それに君が胃炎の時。
バンドの練習後の飲み会で君はウーロン茶やから
みんなで
「これは何か世の中に不吉な事が起こる前触れや」てビビりながらも

静かに飲める大人の酒席を楽しめたな~
あ~ほんにもう一度


「よろしおしたな~あんさん
つかの間の幸せ感じて


.....」


「まあ、元気になれたからここは多めにみといたる
それより教室のソファがあかんな






「どこか?


「表面が剥がれてきてんねん







「よう見たら、あちこち禿げてきてんな


「ここは今年教室5周年迎えるし
厄払いついでに買い換えよう~


「そやな


「ほな、君の小遣いで頼むな~


「ヒェッ~




では、皆さん。新しいソファになったら

またお知らせしますね~╰(*´︶`*)╯







 
「時には易しい曲で」
生徒のSさん


「先生、先日テレビでピアノを上手く弾こうとしたら血圧が上がる実験してました

あら~


「ピアノで血圧上がるんですね なんか困ります


それは多分「上手く弾こうと思う気持ち」で自律神経が乱れて

交感神経が優位に立って「血圧」が上がったんでしょうね


本来ピアノは心身に良いものですが


自分の今のレベルより難しい曲を選曲をしたり

それに練習がついていってない時や。

練習が自分では足りてると思っても足りてない時などに

人前で「上手く弾こう」とすると...


血圧も心拍数も上がると思います

もちろん、練習量が足りていて万全な準備での人前演奏でも多少は血圧も心拍数も上がるとは思います


でも、それは逆に良い緊張感になる事もあります



ピアノは楽しく弾くから心身に良いのであって

緊張だけで弾くのは心身に悪いですよね


それはピアノを練習する上でも同じです


レベルアップに向けて練習の難しさも上がってきますが


自然に上がる分にはいいけど

自分のレベルをわからずに難しい曲に挑まれる人もおられます。

でもそれは「楽しく弾ける」状態ではありません。
音符を追うだけしか出来なかったりするので

練習がしんどいものになると思います。


それよりたまには
少しレベルを落とした「易しい曲」を練習して弾くのがいいと思います





余裕をもって練習出来ると、楽しく弾けるし

気持ちも副交換神経が先にたってリラックスすると思います


練習していて「あ~もうこの曲弾いたらしんど~

と思う時は「易しい曲」で気持ちを和らげて下さいね








 
「ピアノと爪」
最近「無料体験レッスン」で爪のオシャレをされてる方が来られました。


長めの爪で綺麗にジェルネイルをされていて

一般的にはとても素敵なのですが..

ピアノに「長い爪」は向きません


体験後..



「なんかピアノ弾きづらいですね


それは、爪に問題があります

本来ピアノは指先で弾きますが

長い爪だと指を曲げれないので

指の腹や指の関節で弾いてしまうから
「正しい弾き方」が出来ません。

爪も指先より少し伸びただけで
鍵盤にあたり「カチカチ」と音がします。


「という事は..ネイルのオシャレは出来ないのですね。」


そうですね..
爪の長さが指先より出ていなければOKなので

短い爪でもマニキュアで色を楽しむ事は出来ます

私も爪の保護も含めてマニキュアで色を楽しんだりします。



「でも...ファッションとして長い爪はかかせなくて..


う~ん。まあキーボード程度を弾くぐらいなら
別にそれでもいいと思いますが


ピアノを始めるなら爪は切らないといけないですね。





指先より少し爪が出るだけで、早いフレーズが弾きにくくなるし
鍵盤と鍵盤の間に爪が挟まって爪が割れる事もあります


ピアノだけでなく、ほとんどの楽器は爪が長いと演奏が難しくなったりします。


なので「ピアノを始める前に」
爪の事も考えてみて下さいね



 
「お盆休み」
明日15日から
教室の「夏期休暇」となります。





お休みは8/15(火曜)~18日(金曜)です


ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします




 
「天満音楽祭」
今年の天満音楽祭

私達バンドの会場が決まりました


南森町にある「D45」というお店です





写真で見ると客席もゆっくりして

観覧の方には過ごしやすい素敵なお店ですね。


一度行ってみようかな~




 
「ハノンて必要?」
教室ではバイエルが終わる頃に「ハノン」の教材を使っています。



「ハノン教則本」は指の練習の為の教材

単調な楽譜やけど




指の訓練をする教材です


生徒さんには「ハノンなんかしたくない曲のみ練習します」と言うかたもおられます。

まあ「大人のピアノ」なんで、したくなければそれもOKとしています。


でも、ピアノの色々な曲を弾いていくなら「ハノン教則本」は必要だと思います

ハノンを練習して得られるものは

「指を独立して動かせる」
「鍵盤の感覚が身につく」
「テンポをキープしながら指の持久力を養う」
「リズムを変えてリズム感を養う」

筋トレみたいな感じもありますが
指をある程度鍛える事は大事です

そして音楽的な弾き方の練習も

「強弱をつける」
「柔らかく弾く」
「右手を強く、左手を弱く」

単調な楽譜だからこそ、色々な指の練習が出来ます


そして現在している曲の「必要な動き」に合わせた練習も出来ます。


ハノンは、面白くない練習かもしれませんが

目的がわかっていれば練習もしやすいと思います


指が鍛えられと

「細かいフレーズ」や「長い音階フレーズ」も
スムーズに弾けるようになります


家でハノンを弾く時は
曲の前に2-3回弾けばそれで充分です



なので

みなさん、出来るだけ「ハノン」も練習しましょうね~






 
「夏期休暇」
今日から8月

夏本番ですね。





教室の夏期休暇は






8月15日(火曜)~18日(金曜)


レッスンのご予約の際にはご迷惑をおかけしますが

よろしくお願い致します




 
プロフィール

CHIE

Author:CHIE
ピアノ弾き語り:ピアノ奏者
大阪寺田町にて「大人の為のピアノ教室」を運営・指導

小阪カルチャースクールにて「大人の為の楽しいピアノ講座」・「ボクシングトレーニング講座」の講師を務める

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-