2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
「ビートルズ」
今日は「ビートルズ記念日

ビートルズが1966年に来日した日です






あれから51年....

当時私は小学三年生

旦那さんはその年の8月に生まれたので

まだこの世におりませんでした


ほんに長い年月が経ってるんですな~


来日の頃はビートルズの事など全く知りませんでした。


私がビートルズを聴くようになったのは中1の時

初めて買ったアルバムが「Let It Be」

あまりの感動に
「こんな音楽があるんや~」と興奮しまくっておりました。

でも、それが最後のアルバムと知って


「よし 全アルバム聴く」と

お小遣いためて「レコード屋さん」によく行ってました

ビートルズは「私の音楽」にとってかけがえのないバンドです

彼らの音楽が「私の音楽の感性」を磨いてくれたと思っています

新阪急ホテルの「Beets」でも

ビートルズはよく演奏します。
と言うか...毎回2-3曲歌っています

その中でも最近よく歌うのが「If I Fell」


ビートルズは曲も素晴らしいけど

歌詞も本当にワンダフルでございます。


年齢を重ねる度に

ビートルズの良さがどんどん増してきています。


そんな、こんな思いつつ....

改めて
「ビートルズは私にとって世界一のバンド」やな~


と、感慨深く過ごす一日でございます(*^_^*)







スポンサーサイト
 
「最近の問い合わせ」
最近、教室の問い合わせでよく聞かれるのが

「大人ににってからピアノを初められますか?


「子供の頃に習ってたけど、もう忘れてしまって 今からまた始めるのはしんどいですか?」の声です。





みなさん、どうも「不安」が先にたつようで..

一歩踏み出すのに躊躇されてる感じです。


まずは「大人から始めるピアノに関して」


ピアノは何歳からでも始める事ができます。

ピアノは管楽器弦楽器と違って

鍵盤をたたけば音が鳴ります

なので「大人になって何か楽器を始めたい」と言う方にはやりやすい楽器です。

教室で初めてピアノで「ドレミファソ」と簡単に弾く事が出来ます

まずは「無料体験」をして頂ければ良くわかります



「子供の頃に習ってたけど...」に関して

「子供の頃から数十年ピアノを弾いていなくて
楽譜もよく読めないし
全く忘れてしまって」と言う方でも


またピアノを始められると
ゆっくりゆっくり昔のカンが戻ってきます

子供の時に
「親御さんに習わせられていた方」は
その時楽しく練習は出来なかったかもしれません

でも、大人になってご自身が「始めたい」と思われる事は

楽しく練習出来るので

読譜のカンもわりと早く戻ります


いずれにせよ「大人のピアノ」は
「楽しく練習する事」が一番です。

「練習しなくては」と言う重たい気持ちを捨てて...


時間がある時に「ちょっと練習してみよ~」の感じで充分です


「不安な気持ち
「やってみよう~に変わったら


お気軽に教室にご連絡下さいね~╰(*´︶`*)╯




 
「オクターブ」
ピアノを始めて

ある程度弾けるようになると

「オクターブ奏法」が入る曲を練習したりしますが。

生徒の皆さんに人気のあるのが

「乙女の祈り」



そして

「モーツァルトのトルコ行進曲」






練習する時に皆さんがよく言われるのは


「オクターブがちゃんと弾けない気がします 弾きにくいし
手が小さいのでしょうか?」


確かに「オクターブ奏法」は弾きにくいですよね

「手の大きさ」もあるとは思いますが...

それより「手の開き具合」が大事です

手の「水かきの部分(指と指との間)」が硬いと弾きにくいと思います。


普段の生活では気にしない部分ですが

ピアノを弾くのには大切で

トレーニングとしては

お風呂に入った時に、浴槽でもみほぐしたり..

指を広げてみたりするのもいいですね


それと弾く時に「手首が上がっている」と
弾きにくいです

なので「オクターブ」を弾く時には

手首を上げずに、力を抜いて

弾いてみて下さい。

それと「ドレミファソラシド」をオクターブで弾く練習もグッドです


何より無理せずに

ボチボチゆっくり練習してみて下さいね~╰(*´︶`*)╯


 
「夏至」
今日は「夏至」

夏至の瞬間は13:24分だそうです

でも、あいにくの雨ですな


夏至の時に行なわれてる
「二見興玉神社」の夏至祭



お天気やったら

この日は大しめ縄の間から「富士山と朝日が重なる光景」が見えるとか


そんな光景見れたら

人生変わりそうな気がしますな~


そんなんこんなん思いつつ..


夏至に大阪で食する「タコのお刺身」でも食べながら






今宵は冷酒で一杯

ムフフ~






 
「ペダルの音」
レッスン中の
生徒さんからの質問



「先生、ピアノを弾いてたら「ペダルのカタカタ音」が気になるんですけど...




そうですね
カタカタ鳴ってますね。


「なんでですか? 教室のピアノのペダルが悪くなってるんですか?


では、私が弾いてみますね



「あれ?鳴ってないですね なんでかな~?

それはペダルの踏み方に少し問題があるかも..


ペダルを上げる時に足をペダルから離すと

カタカタ鳴ったりします。


「足の裏をペダルから離す事なく、ペダルに足の裏がついたままで」ペダルを使用します


ペダルを踏むには姿勢も大切です

ペダルをグッと踏み込もうとして体が前のめりになったり


膝を使ってグッと踏み込もうとしたり

ペダルは右足首を中心に右足の筋力だけを使います。

体全体で使うと「カタカタ」なったりします。


ペダルの踏み方も練習していくうちに慣れてきますが


始めから「正しい踏み方」で練習して下さいね




 
「クチナシの花」

教室がオープンした春に買った「クチナシの花」

今年も花を咲かせてくれました





花が咲くたびにオープン当初を思い出します。


でも..
なんだか花の形が「クチナシ」らしくなくなってきて

蕾の数も減って...




ちと悲しい気もするけど


元気に咲いてくれてるので

幸せ気分でございます


来年も見れますように~(o^^o)







 
「5周年コンサート要項」
2018年 1月6日(土)に開催する

「5周年記念コンサート」

要項が出来ました





〆切はコンサート5カ月前の8月6日です

「参加しよかな~
やっぱりやめとこかな~
どうしよ~」と

悩んでおられる皆さん


〆切まで2カ月あるので

ゆっくり考慮されて下さいね

要項は本日のレッスンからお渡しします











 
「ゆり園の写真」
舞洲では「ゆり園」がオープンしていますが








毎年「今年は行こう~」と思いつつ

行けずに終わってしまったりして...


そんな事を知り合いの「写真家さん」に話したら....


ゆり園の大きく引き伸ばした写真をプレゼントして下さいました







百合の黄色いと空の色がとっても綺麗で

写真に光があたると

百合が浮き出て見えます


ほんに癒されますな~(≧∇≦)

ゆり園にいる気分になれます

教室に飾っていますので

みなさんもご覧になって下さいね~╰(*´︶`*)╯♡





 
「あせらないで練習」
生徒さんのレッスンで


初めての曲でまた音がとれていないのに

気持ちだけが焦って

「インテンポ(譜面通りの速さ)」で弾こうとされる方を多く見受けます


でも、この練習方法では上達は遅れます

何故なら
音がとれていない箇所と弾けている箇所の落差が埋まらないからです。

スムーズに弾ける箇所で

「おー!ちゃんと弾けてる~」と
勘違いしてしまい


出来ない箇所に対して

「まあ、そのうち弾けると思うし~」と軽く考えたり...


なので

練習は「焦らず」

気持ちをゆったり持って

音がとれるまでは
ゆっくりゆっくり、練習して下さい。

その時に、鍵盤をしっかり弾いて

指に感覚も覚えさせてあげて下さい


音がちゃんととれたら

少しずつテンポを上げて

曲を完成させて下さい


この練習方法のほうが上達の近道です。

みなさん、ゆっくりがんばって下さいね~


 
「教室の紫陽花」

教室に「紫陽花」を楽しめるように

飾りつけしました





カタツムリさん、大きいけど

まあ、ええか~













 
「6月」
今日から6月

「今年は余裕を持って過ごそう~」と思ってたのに...


結局はバタバタのままで5ヶ月が過ぎて

「今年もやっぱり落ち着かんな~」と
諦めモードになっております。

まあ、酉年の私にはバタバタがあってるのかも知れませんが


さて、6月の花と言えば「紫陽花」







この季節、毎年悩む事があります。

「紫陽花の鉢植え」を買うか買わないか..でございます。

家にも鉢の紫陽花があるのですが..

もう、6年は花が咲かず
冬には枯枝になり、春と共に葉だけが育っております。





新しい紫陽花を買って隣に置くのも、なんだか可哀想な気がして..

いつも花屋さんの前で「う~ん」と悩むのですが..

旦那さんも
「新しいの買ったら、古い紫陽花が落ち込む」と言うし..


結局、今年もスルーでございます。


まあ、冬を乗り越えて葉っぱをつける「我が家の紫陽花さん」は


花の代わりに「元気」を咲かせてくれてるから


ええとしとこ~

と思う、今日この頃でございます








 
プロフィール

CHIE

Author:CHIE
ピアノ弾き語り:ピアノ奏者
大阪寺田町にて「大人の為のピアノ教室」を運営・指導

小阪カルチャースクールにて「大人の為の楽しいピアノ講座」・「ボクシングトレーニング講座」の講師を務める

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-