2017/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
「エア花見」
最近「エア花見」と言う言葉を知りました

なんや、外てお花見するのでなく

室内に桜を飾ってお花見するそうです

外でのお花見は

「場所とり」や「天気」「花粉症」などの問題もあったりで....

気軽に「お花見気分」を味わうのだそうです



そう言えば...

今度の日曜日の「お花見ライブ」もエア花見ですな





5年続けての「エアお花見ライブ

毎年、少しずつ「桜」を増やしています

10回目が出来たら

教室は本当にチョー満開の「エアお花見」になりそうで


そんな事考えながら...


「お花見ライブ」の飾りつけ考えよう~




スポンサーサイト
 
「5周年コンサート開催日は?」
生徒のIさん


「先生、この秋の5周年コンサートの日は決まってますか? もう準備段階に入りたいんですが


いえ、まだ決定していません

一応、11月に考えていますが

前回でもお話したように

「希望の会場の確保」が
希望日の半年前の抽選で決まるので

5月以降でないと決められないからです


11月の希望日をいくつか考えているので

決定するのは5月末になりそうです

でも

11/4に予備の会場を抑えているので

とりあえず

参加希望の時には11/4の時点で演奏出来るように

練習準備をして下さい


記念コンサートなので

参加人数が少なくても

舞台で開催出来たらと思っています





皆さんには「日時」が決まらず

ご迷惑をおかけしますが

ご了承のほど、よろしくお願いします



 
「ファイトケミカル 野菜スープ」
今年に入ってから続けている「健康法」があります

ハーバド大学式「野菜スープ」

「ファイトケミカルスープ」です

「ファイトケミカル」とは

植物由来の化学成分で

よく耳にするのが「ポリフェノール」ですよね


ハーバド大学式野菜スープはファイトケミカルをしっかり取れるスープです。

作り方はチョー簡単


「人参」「カボチャ」「玉ねぎ」「キャベツ」
それぞれ200グラム

一口サイズに切ってホーロー鍋に入れます。




ファイトケミカルは野菜の皮に多く含まれてるので
人参も皮のまま切って...
玉ねぎの皮や、カボチャのタネも袋にいれて ..


2リットルのお水で煮ます




お鍋に蓋をして、始めは強火で

沸いてきたら弱火にして20分煮ます


味付けはありません

野菜本来の味を楽しみます


出来上がりはこんなん感じ




この量で1人分なら 約一週間分です。
私は2つの鍋で2人分

毎週一回作っております



出来たスープをタッパーに1回分 200ccを小分けにして

フリーザーにいれて冷凍します

冷凍した方がさらに野菜からファイトケミカルが出るそうです。



このスープを朝晩2回

お腹が空いてる時にのみます。

野菜は食べなくてもスープだけ飲めばOKです

でもお腹が空いてるから私は野菜も食べてます



この4つの野菜のファイトケミカルは

人参、カボチャ

「β-カロチン」 抗酸化作用


玉ねぎ

「システインスルホキシド」 解毒作用、免疫向上

キャベツ
「イソチオシアネート」 体内の危険な物資を、代謝して排泄


効果は「ガンの予防」
「免疫を高める」
「血液の老化を防ぐ」
「アレルギーを抑える」
「目を健康にする」

そして美容にもいいそうです


旦那さんと始めてから

私達は一週間ほどで効果を感じました

まず、大便がすごく立派で

生まれてこのかた、見たことないようなものが出たりします

ちなみに旦那さんは便秘気味でしたが

あれから毎朝快調だそうです

そして、旦那さんは疲労が溜まると「難聴」になるのですが

昔ならなってもおかしくない場合でも

大丈夫になりました



私も「や~以前ならこんなに疲れたら寝込みそうやけど
なんとかいけてるのは野菜スープのおかげかな~
と思って続けてます

知り合いにも勧めたら..

「数日後に便秘もなおって 体がスッキリ~なんか頭もスッキリ~」との声もあったり


ほんに「自然のお薬」て感じがします

皆さんも一度お試し下さいね~╰(*´︶`*)╯♡




 
「心が疲れた時」

大人になって..年代も重ねて行くと

「悩み事」や

「しんどい思い」
「やるせない思い」など...

人生、生きて行く上で避けて通れない事もあったりで...

「あ~なんかもう疲れたな~」て感じる時がありますよね


そんな時こそ「ピアノ」を弾いてみて下さい


その気持ちが一瞬でも「スッ~」と消えていきます





ピアノには「心を癒す」効果があると思います


こんな私も
たまに気持ちがしんどくなる時があったりして

そんな時、ピアノに向かうと心がクリアになる気がします。


ピアノの音色が脳に良い影響を与えるのは研究されているようですが

難しい事は考えず

「ポロポロ」と鍵盤を弾くだけでも、なんだかスッキリしてきます


自分のお気に入りの曲を弾くのもいいし

な~にも考えず、楽譜も関係なく
音を鳴らすだけでもいいと思います


ピアノの音色が「心をリラックス」してくれて

心のビタミン剤になる気がします


「ほんにピアノてええな~」としみじみ思うのでございます




皆さんも、「心が疲れてる」時は

ピアノを弾いてみて下さいね~╰(*´︶`*)╯♡










 
「ライブプログラム」
4月2日の「お花見ライブ」のプログラムが出来ました





今回は参加者は3人です

実は参加予定の方々が数名おられたのですが

用事が重なったり..それぞれの理由で参加できなくなり..

3名となりました


でも、観覧の方もおられるし

ライブも楽しくしたいので

一部の3名の演奏後に

「Let's Singing Time」をもうけて

みんなで歌おう~ で盛り上げようと思ってます


そして

2部では私の「スプリングライブ」を

30分ほどにまとめて

お届けしようと思います。


参加者が少ないから出来る「ライブ構成」もあると考えて

今回は新たな「お花見ライブ」になりそうです(*≧∀≦*)

観覧締め切りは3/27日なので

観覧希望の方はお声かけて下さいね






 
「言い間違い」
奈良のお水取りも終わって..





春が近づいてきましたな~

さて、今回の「チエコラ」は「言い間違い」についてのお話でございます

先日の事でございます...

私は「ピアノ」と「ボクシング」を指導しておりますが

ボクトレの時に..

「そうです その弾き方です~」と言ってしまい

「先生、弾くて...どんなんですかあ?」と聞かれ


「あっ ごめんなさい
その打ち方 の間違いです」と訂正


なんで間違えんねん...と思いながらも..

再度言うてるし...

「言い間違い」で、アタフタしたのであります(-。-;


ほんに季節の変わり目で疲れているのでございましょうか?

そんな事を思いつつ..

家で「てっちゃん鍋」を食べながら旦那さんとの会話でございます



「ほんに....こないだのタコ焼きマラソンの疲れが出てんのかな~?


「いや、違う。 疲れやない


「そうかな~ ほな、なんでやろ?


「それはね~ ボケてきてるだよ~ まあ、今年還暦やしな~


.....う~ん、そやな~



「オバハンからオババへの変わり目やかならな~


「ほんに、そやな~.......て....
誰がじゃ
私はまだボケてへんわ


「クックッ そんなん言いながら君は「箸」を逆さに持ってるがな


「ゲッゲッ ほんに...いつのまに...


「しかし、ピアノとのボクシングの指導で言葉づかいが反対になったら
ややこしいやろな~


「そやな~ 例えば....」


ピアノのレッスン編





「ここのフレ~ズはクレッシェンドで段々強くなるから
そう連打で徐々に追い詰めて~
そうその調子~
最後にバシッと一発打ち込んで~
OK~ ナイスパンチ

迫力のあるフレ~ズやないか~」となり..



ボクトレ編




「そう、リターンジャブは相手の左をパリングではらって
そうそうスタッカートで弾くように
そして流れるように
すばやくジャブを出して~
アクセントをつけてカン
そうよ~ 素晴らしいわ~
ビューティフル~」となり..


ほんに
「ピアノはサンドバッグ状態」で ...
「ボクトレはバレエを踊ってるみた」な..
感じになったりして



「ま、君のボケが進行せん事を祈ろう~


「せやから、まだボケてへんちゅうてんねん


「ほんなら、なんで君はビールととワインを交互に飲むねん?


「フン これは私の飲みスタイルやがな
ビールでスキッと喉を潤し
ワインで香りと、まったり感を味わい
....そしてまたビール..」


「そんなややこしい事するから
頭切り替えられんと言い間違いするんちゃうか?
オババ しっかりせんかい


「......あら?今なんておっしゃられたのかしら?
言い間違いですわよね~
まさか本気なんて..オッーホッホッホッ
ちょうどワインボトルが空になりましたから~
なんなら投げさせて頂こうかしら~


「間違えてました~
お嬢様でした~



ほんに「言い間違いには気をつけよう」と思う
今日この頃でございます。


では、季節変わり目

皆様には体調にお気をつけになって

お元気でステキな春をお迎え下さいね~









 
「たこ焼きマラソン」
大阪万博公園で開催された「たこ焼きマラソン」



今年も旦那さんと、昔のボクシング仲間の友達と参加

レース前にトラックで「たこ焼きレインボー」のアイドルライブもあったり





スタート前から賑やかで気分もノリノリでした

今回のレースは
去年も今年に入ってからも全然走れてなくて...


旦那さんと2人
「ひょっとして途中リタイアとか歩いたりとかしそうやな~

と不安いっぱいやったけど..


ゆっくり楽しくファンランしたら
「あ~走るって、やっぱりええな~」と

チョー気持ちよく

メッチャ 楽しく走れて

無事に完走しました





レース後は20店舗の「たこ焼き食べ放題」





焼きたてで美味しいけど

でも、やっぱりそない食べれません

私が食べたのは6種類18個

堪能いたしました

今年も楽しく走って
美味しく食べれて

来年も走ろ~




 
「バターつきパン」
モーツァルトの「バターつきパン」

「1本指のワルツ」とも呼ばれています





右手の部分を
右手の人差し指か中指の1本だけで弾きます





グリッサンド(鍵盤を弾くのではなく、指を滑らせて演奏)が多くて


弾いてる姿が本当に
パンにバターを塗ってる感じになります

曲も可愛いですが
見た目も可愛いです


でも、指1本のグリッサンドは力が入ると指が痛くなったりで


力を抜いて練習をする必要があります。

練習して..弾けるようになったら

なんだか気持ちが弾んで

自然に笑顔になれる曲だと思います



教室に楽譜があります


練習してみようかな~と思われる生徒の皆さん


楽譜をお渡しするので



お声かけて下さいね~(*´∇`*)






 
「ボクトレ新クラス」
カルチャーで指導している「ボクトレ」
(ボクシングトレーニング)」

最近、ボクトレに興味を持たれる方達が増えてきて

火曜日が2クラスになりました

Aクラス 18:45-19:45 「初心者対象のクラス」
Bクラス 19:50-20:50


ボクトレも今年の秋で5年になります
開講の時から今も続けて下さる方もおられて..

内容もクラスで少し変わります

Aクラスは
初心者を対象に基本的な事を中心に無理なくゆっくりトレーニング

縄跳びは使わず「エアーロープ」
バンテージの代わりに手袋を使用します。


Bクラスは
縄跳びを使って、



バンテージもまきます




マスボクシングも行います


新しく始められた方達も上のクラスがあると
目標にもなるかな~と思っています


これからも、皆さんと「ボクトレ」で

体力作りに
ストレス発散

楽しくトレーニングしましょうね~





 
「ベース」
今までバンドで使っていたベース



「ショートスケール」で短めのベースでした

ベースを始めた頃
大きなベースより弾きやすいので使っていましたが

最近「音がもう一つやな~」と思い。

ライブでも出したい音がでないので

思い切って、買い換える事にしました



色々弾いてみて
今のバンドの雰囲気にあう音がでる
「フェンダーのジャズベース」を買いました




ええ音で満足です


そして
お店で「下取り」があると聞いたので持参したのですが..


「きれいに使ってるけど、古いし
色々査定したけど下取り無理です


「あら...そうなんですか
では引き取りできますか?」


「申し訳ないですが無理です


「そうですか わかりました。」

う~ん

これってベースが

「教室に置いといて
て言うてんのかな~

20年使ってたベースやから。
やっぱり手放せへんほうがええんやろな~


という事で2つのベースを抱えて教室に戻りました


2台揃えて置いといて

たまには古いベースも弾いてあげよう~╰(*´︶`*)╯
 
「無音の楽譜」
近代音楽のアメリカの作曲家「ジョン ケージ」




彼の曲でチョー有名なのが「4分33秒」





この楽譜は....



休符しかありません。

彼が考える「偶然性の音楽」による無音の演奏です。


でも、三楽章まであります。

オーケストラが演奏する時は「指揮者」は指揮台に登り

演奏者もステージにでて演奏の姿勢をとりますが

4:33秒の間、演奏する事なく曲は終わって聴衆に一礼し

聴衆も拍手します

ほんに、コントみたいですが
立派な曲となってます。

無音である事により「聴衆のざわめき」や色々な雑音が

「音楽」であると考えて作曲されています。

なので演奏者の感覚での演奏となります。

演奏されるのはピアノが多く

初演の時はピアニストの演奏だったようで

ピアノの前に座っていた時間が
たまたま「4:33秒」だったので

この題名がついたようです

なんで演奏者によって「演奏時間」も変わります。


音大の頃、「現代音楽」を教えて下さった教授のコンサートを聴きに行った事があります

でも、難しすぎて

理解するのが私にはちょっと無理でしたが...


「無音の音楽」は、なんとなく理解出来る気がします

生きていて聞こえる「音」が全て「音楽」であるのかもしれませんね


なんだか、演奏してみたい気になります。


楽譜があるつもりで
ピアノの前に座ってみようかな~(*^▽^*)




 
プロフィール

CHIE

Author:CHIE
ピアノ弾き語り:ピアノ奏者
大阪寺田町にて「大人の為のピアノ教室」を運営・指導

小阪カルチャースクールにて「大人の為の楽しいピアノ講座」・「ボクシングトレーニング講座」の講師を務める

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-