2017/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
「口グセ」
教室でのレッスン時で

最近
「この口グセ、直したほうがええよな~」と思う事がありました。

レッスンの時に生徒さんが上手く弾けた時など


「そうそう その弾き方です」とか...



「そう、そう ちゃんと弾けてますよ~」とか...

「そうそう」や「そう」の連発をしてしまうようで


たまに生徒さんから


「先生 ソの音ですか?



「いえいえ違いますソではなくて...」


「この音であってますか?


「バッチリです 上手く音がとれてるので
そうそうそれです。を言いたかったんですが...

私の言い方も悪くて..ソに聞こえたんだと思います



「あっ そうか~ 聞き間違えました~


う~ん。
「そうそう」の代わりの言い方考えなあきませんな


「いい感じ~」とか..

「バッチリバッチリ」とか...

「OK、Good Job 」と英語バージョンやら...

「いけてまっせ~」の河内弁や...




ほんにどれも言葉が少し長くて

言いにくいし


やっぱり「そうそう」がええかな~


なんで、ここは「そうそう」や「そう」を間延びして言うようしてみます


「そう~そうそう~

みたいな感じで「ソ」とは間違われんように言ってみます

それで、また間違えられた時に再度考えるので


なんで 皆さん

「ソ」に聞こえた時は教えて下さいね~(^-^)










スポンサーサイト
 
「ララランド」
先日のシンガポールの帰りの飛行機の中で


アカデミー賞6部門をとった「ララランド」を見ました





ジャズピアニストと女優を目指す2人の

夢と恋の物語


普段は「ラブストーリー」もんは全く見ませんが

ジャズピアニストというのとアカデミー賞で作曲賞もとってるし


見てみる事に.....



良かったです

2回続けて観てしまいました


ストーリーもコテコテなラブストーリーとは違うし

夢を目指す2人の気持ちがよくわかり

切なくも前向きな映画でした。

その中で「ピアノソロ」で弾くワルツがあります。

優しさの中に寂しさを感じるワルツ

そしてアカデミー賞の「City of stars」


この2曲をメドレーで弾けで歌えるように...

只今、耳コピ中です





旅のおわりに


久しぶりに弾いてみたい映画音楽に出会えました











 
「気象病かも」
最近、教室の生徒さんで「めまい」がする

と言われる方が数名いらして

そう言えば、私も1カ月ほど前に「めまい」で病院にいきました

病院でも「めまい」の患者さんが増えてるそうで

調べてみたら「気象病」のようです





気圧の変化で色々な症状が出る「気象病」

普段から自律神経が乱れやすい人ほど

気圧の変化に身体を順応させるために「内耳にある気圧センサー」が働くらしく......

脳が「内耳と視覚」からの情報の混乱で「めまい」が起こるそうです。

「乗り物酔い」も内耳と視覚の情報の混乱」で起こるらしく

気象病による「めまいの改善」には
市販の「酔い止め薬」が効くそうで

症状が出る予兆があれば服用すると良いと言われてます。


気象病はめまいの他にも
「腰痛」 「偏頭痛」 「むくみ」などもありますが


私もこの数日「腰痛」が少し出ていて

「腰痛」になるような原因もないし

今まで経験する事もなかったのですが

最近の寒暖差で「気象病」になってたようです

幸いに、軽~い腰痛なんで
そない気にもなりませんが。


「気象病の対策」は

何よりも「体に負担をかけ過ぎない」

適度な運動や、ストレスをかけない生活。

良い睡眠をとったり...

でも、しんどくて動きたいくない時は
ゆっくりするのが1番の対策のようです


季節の変わり目

温暖差や気圧差は激しいと思うので


みなさん、お体にはご無理されずに

お過ごし下さい








 
「愛すべき一冊」
先日のお花見ライブの後で

懇親会があり

その時にみなさんと「蜜蜂と遠雷」の話になり

「私も読んだけど、メチャお勧めの本なんで
皆んなも読んでみて~」とわめいておりました


恩田 陸さんの直木賞受賞作品



そして「本屋大賞」の受賞作品

最近、本を読む事があまりなかったけど

本当に久しぶりに「愛する一冊」



ピアノコンクールに参加する「コンテスタント」のそれぞれの人間模様も面白いけど

何より文章から音楽が聞こえてきます

コンテスタントの息遣いやピアノを弾く指まで見えてきて..


生徒さんには「借りるより、持っているほうがいい本だと思うよ」

と話していましたが...

生徒のKさん


「先生、めちゃ面白いです それに借りるより、持ってる方がいいて言うの
わかります
価値のある本。本当に面白い~


良かったです


私の場合ですが

この本を読み終わって

「自分の音楽」に変化が出できました。


今までより、もっとピアノと会話出来るようになった気がします。


本を読んで音楽が変化するのは初めての体験でした

なんだか感謝です。


みなさんも、よければ読んでみて下さいね~


何かが変わるかも~╰(*´︶`*)╯♡




 
「桜の季節に」
桜の季節に







1つの命とお別れしました





19年と36日

一緒にいてくれて、ありがとう


今頃、虹の橋を渡ってるかな~









 
プロフィール

CHIE

Author:CHIE
ピアノ弾き語り:ピアノ奏者
大阪寺田町にて「大人の為のピアノ教室」を運営・指導

小阪カルチャースクールにて「大人の為の楽しいピアノ講座」・「ボクシングトレーニング講座」の講師を務める

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-