2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
「オクターブ」
ピアノを始めて

ある程度弾けるようになると

「オクターブ奏法」が入る曲を練習したりしますが。

生徒の皆さんに人気のあるのが

「乙女の祈り」



そして

「モーツァルトのトルコ行進曲」






練習する時に皆さんがよく言われるのは


「オクターブがちゃんと弾けない気がします 弾きにくいし
手が小さいのでしょうか?」


確かに「オクターブ奏法」は弾きにくいですよね

「手の大きさ」もあるとは思いますが...

それより「手の開き具合」が大事です

手の「水かきの部分(指と指との間)」が硬いと弾きにくいと思います。


普段の生活では気にしない部分ですが

ピアノを弾くのには大切で

トレーニングとしては

お風呂に入った時に、浴槽でもみほぐしたり..

指を広げてみたりするのもいいですね


それと弾く時に「手首が上がっている」と
弾きにくいです

なので「オクターブ」を弾く時には

手首を上げずに、力を抜いて

弾いてみて下さい。

それと「ドレミファソラシド」をオクターブで弾く練習もグッドです


何より無理せずに

ボチボチゆっくり練習してみて下さいね~╰(*´︶`*)╯


スポンサーサイト
 
「5周年コンサート要項」
2018年 1月6日(土)に開催する

「5周年記念コンサート」

要項が出来ました





〆切はコンサート5カ月前の8月6日です

「参加しよかな~
やっぱりやめとこかな~
どうしよ~」と

悩んでおられる皆さん


〆切まで2カ月あるので

ゆっくり考慮されて下さいね

要項は本日のレッスンからお渡しします











 
「あせらないで練習」
生徒さんのレッスンで


初めての曲でまた音がとれていないのに

気持ちだけが焦って

「インテンポ(譜面通りの速さ)」で弾こうとされる方を多く見受けます


でも、この練習方法では上達は遅れます

何故なら
音がとれていない箇所と弾けている箇所の落差が埋まらないからです。

スムーズに弾ける箇所で

「おー!ちゃんと弾けてる~」と
勘違いしてしまい


出来ない箇所に対して

「まあ、そのうち弾けると思うし~」と軽く考えたり...


なので

練習は「焦らず」

気持ちをゆったり持って

音がとれるまでは
ゆっくりゆっくり、練習して下さい。

その時に、鍵盤をしっかり弾いて

指に感覚も覚えさせてあげて下さい


音がちゃんととれたら

少しずつテンポを上げて

曲を完成させて下さい


この練習方法のほうが上達の近道です。

みなさん、ゆっくりがんばって下さいね~


 
「歌も楽しんで♫」
ピアノとボーカルを隔週でレッスンされてるYさん

ボーカルの日に


「先生、カラオケで歌いたくても難しくて歌えなかった曲を
歌えるようになるのって
本当に嬉しいです


そうですか
それは良かった
なんだか私まで嬉しい気分になります


「歌詞に英語が入ってる歌や
リズムの難しい歌など歌えなかったけど
今は色んな曲が歌えるようになって
楽しいです


そうですね
音程の難しい曲なんかは
ピアノが弾けると音をとりやすいから

ピアノが弾ける皆さんには、歌のメロディをピアノで弾く事が出来るので

正確に音程もリズムもとれるようになって

カラオケでも自信を持って歌えますね


ピアノもボーカルも

「歌いたい曲」「弾きたい曲」が出来ると

ほんに幸せ気分ですな~♪( ´▽`)












 
「嬉しい声」
教室を開いて

「嬉しい声」を聞かせて頂けるときがあります。






「ピアノを始めてよかった(*^_^*)」とか...

「人生の楽しみが出来た」とか..



最近入会されたAさん


「実はこちらの教室のチラシを持って帰ってから...
無料体験のレッスンの問い合わせをするまで
とても時間がかかりました


「あら..なんか問い合わせにくかったですか?


「いえ、なんたが断られそうな気がしたりして...10年ほど弾いてないし..
なかなか電話も出来ませんでした


「そうだったんですか
勇気を出して連絡して下さったんですね


「はい そして体験の時も不安でしたが 今、本当に来て良かったと思ってます


「お~ それは良かった


「家にこもりがちでしたが、ここに来てピアノを弾いて
お話しも出来て
毎回、来て良かったと感じるんです


「キャッ~ そんな事言ってもらうと私もチョー嬉しいです


「この先は何か目標をもってレッスンもしたいので
演奏会とかも頭に入れようと思ってます」


「お~ ますます楽しくレッスン出来ますね


ピアノを始めた方や再開された方。

みなさんが「ピアノレッスン楽しい~」と思ってもらえたら...

本当に幸せです

これからも、皆さんに
ピアノと共に過ごしてもらえるように

精進してがんばります








 
プロフィール

CHIE

Author:CHIE
ピアノ弾き語り:ピアノ奏者
大阪寺田町にて「大人の為のピアノ教室」を運営・指導

小阪カルチャースクールにて「大人の為の楽しいピアノ講座」・「ボクシングトレーニング講座」の講師を務める

最新記事
最新コメント
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-